×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛器 永久

脱毛器での永久脱毛をお考えの方へ。家庭用脱毛器で永久脱毛をするというのはそうとうに難しいことです。ですが限りなくそれに近づけていく方法はあります。サロンレベルの脱毛へ近づけるよう努力していきましょう。

脱毛器での永久脱毛をお考えの方へ。家庭用脱毛器で永久脱毛をするというのはそうとうに難しいことです。ですが限りなくそれに近づけていく方法はあります。サロンレベルの脱毛へ近づけるよう努力していきましょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛を

昔あった脱毛法、永久脱毛の方法で針脱毛というものがありました。その永久脱毛をできる脱毛法というのは針脱毛と呼ばれていました。当時レーザー方式の脱毛を競い合っていた針脱毛。針脱毛はレーザー方式よりも脱毛効果が高いと注目されていました。針脱毛では毛を一本ずつ挟んで電流を流し、毛根を破壊して毛を一本一本引き抜いていきます。気の遠くなる作業ではありますが、その脱毛効果はレーザー方式の比にはなりませんでした。脱毛効果が高かったんですね。時間はかかるが脱毛効果の高い針脱毛を選ぶか、効率よく脱毛ができるレーザー方式を選ぶかでユーザー側も意見が別れていました。

その当時と同じように現在、フラッシュ方式とレーザー方式が競い合っています。レーザー方式が永久脱毛ができる脱毛方式でフラッシュ方式の方が効率よく脱毛できるという形で競い合っているのです。レーザー方式は永久脱毛ができるが痛みがともない時間もかかること。フラッシュ方式は痛みが少なく全身脱毛など広い範囲の脱毛に向いていますが何度も脱毛をしないといけない。どちらを選ぶのかでユーザー側も意見が別れているというのが今の脱毛器界の状況です。

永久脱毛とは

さきほどは永久脱毛をできる脱毛方式かどうかで複数の脱毛方法が競い合っているという話をしました。では永久脱毛とはどういうものなのか?永久脱毛の定義とはどのようなことを言うのか?についてご説明させていただきます。

永久脱毛と聞くとあなたはどのようにイメージしますか?一度永久脱毛をするとそこの毛穴からはずっと毛が生えてこないというイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。ですが厳密に言うと永久脱毛をしたとしても毛穴から毛が生えてくることはあります。なぜなら永久脱毛の定義が一般のユーザーの感覚と違っているからです。

永久脱毛の定義は脱毛後一ヶ月あとに脱毛した範囲の10%から20%毛が生えてきたとしても永久脱毛ということができるというもの。脱毛して一ヶ月後に1割から2割ほど毛が生えてきても永久脱毛だと言うことができるのです。これを永久脱毛と言えると思いますか?たぶんこれを永久脱毛と言えるとお思いの方はそう多くはないでしょう。

これだけ価値観に違いのある永久脱毛という言葉に対するユーザーと脱毛業界の溝は大きいと思います。まずは永久脱毛という言葉の定義をもっと無毛状態へと近づけていかないと両者の溝は埋まらないのではないかと思っています。

脱毛器 永久 © 2017